ミニチュアダックスAlice劇場

心温まるブログ作りを心がけてます。デスクトップの壁紙も公開中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

縫合糸反応性肉芽腫

みなさんはこの病気をご存知でしょうか。
私はたまたま遊びに行ってたブログで知りました。

避妊・去勢を考え検索されてる方はご存知かもしれません。
多くのブログで取り上げられてますが、知らない人は少なくはないと思います。

私は獣医ではないので詳しい事は書けませんので、
この病気について書かれてある記事から抜粋させて頂くことにしました。


糸を体に残さない去勢・避妊手術
多くの動物病院でもっとも行われている手術と言えば去勢・避妊手術だと思います。
一般的な去勢・避妊手術では精巣や卵巣・子宮の血管を縫合糸で縛り、その糸を体内に残す方法が取られています。
しかし、ここ1~2年の学会や論文でこの体内に残した糸が引き起こす「縫合糸反応性肉芽腫」という病気がたくさん報告されています。

縫合糸反応性肉芽腫

去勢・避妊手術が終わって数ヶ月後から数年後に手術した部分の近くが大きく腫れてきたり、おなかの中にガンのようなしこり(肉芽腫)ができたり、あるいは皮膚の様々な場所にしこりができ、そこに穴が開いて膿が出たりします。
これらは体の中に残った糸に、体が過剰な異物反応を起こすことで起こると考えられています。
もし、このような症状が出たら、手術で再度糸を摘出しなければなりません。
また、摘出が不可能なほど癒着している場合はステロイドや免疫抑制剤を飲ませてコントロールしていきます。
この投薬はほとんどの場合一生の投薬となります。

この「縫合糸反応性肉芽腫」は様々な報告がありますが、50%がミニチュアダックスフンドと、ミニチュアダックスフンドは起こしやすい犬種だと考えられています。
しかしそれ以外でもチワワやコーギー、シェルティー、プードル、パピヨン、ポメラニアンその他多くの犬種で報告されています。
また、Mixの子でも報告がありますから、純血種のみに起こるわけでもありません。
どの子が「縫合糸反応性肉芽腫」を発症するかわかりませんから、体に縫合糸を残さない事が唯一の予防策となります。

こちらの記事です
肉芽腫の画像等がありますので苦手な方はご遠慮下さい。

あそう動物病院
御協力ありがとうございました。



実際に手術に使われる糸はどんな糸が使われるのか。
私もアリスが手術を受ける前に質問し、説明して頂きました。

縫合糸についてはこちらのHPに詳しく書かれてあります。
獣医の医療ミス(縫合糸について)
御協力ありがとうございました。




この病気で苦しむ子がいなくなる日が来ることを信じています。

スポンサーサイト

| 病院 | 10:42 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://dachsalice.blog108.fc2.com/tb.php/43-e598a5cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。